介護福祉士実務者研修を通信講座で受けるメリットとデメリット

2013年4月より、介護に関する資格制度や資格の名称が一部変更されたことにともない、介護のスペシャリストを目指せる資格として、介護福祉士実務者研修の受講を希望する人が増えてきました。
介護福祉士実務者研修を受講するための方法としては、専門学校やスクールなどに通学する方法と、自宅にてマイペースで学べる通信講座を受講する方法があります。

 

通信講座で学ぶことについて、メリットをあげると、通学講座よりも受講料が安いということです。格安料金で学び、資格を取得したい人には、通信講座はおすすめです。現在、社会人として昼間は仕事をしていて、自宅で空いた時間に学びたい人、自宅の近くに専門学校やスクールがない人には、通信講座の受講が最適ですね。

 

介護福祉士実務者研修を通信講座で受けるデメリットをあげるとするなら、格安料金で学べる反面、基本的にはテキストや問題集などで机上で学ぶ方法であり、スクールに通うのとは違い、直接的に指導やアドバイスをしてくれる講師がいないということです。

 

介護福祉士実務者研修の通信講座では、郵送による添削方式が導入されているものもあれば、学習課程において不明な点があれば、電話やメールなどのサポート体制が充実している講座もあります。実際に介護の現場では、机上で学んだ知識よりは、介護に関する専門的な技術を活かしていく必要があるので、その点、通信講座だと少し物足りないと感じられることもあるかもしれませんね。

 

介護福祉士実務者研修を通信講座で習得しようと検討している方は、スクールの資料を無料請求してみてはいかがでしょうか。学習カリキュラムや受講料、受講期間、指導方針やサポート体制などについて、複数の通信講座でじっくりと比較しておくと良いでしょう。

 

介護の現場のあり方が今、大きく変わろうとしており、その中で介護のスペシャリストがどのように位置づけられているのか、今一度見直していくことが肝心ですね。介護福祉士実務者研修を受講するメリットについて知るとともに、介護福祉士になるまでの道のりは長いですが、介護福祉士を目指すための第一歩として、介護福祉士実務者研修を受講して、資格取得に向けて前向きにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。