国際メディカルテクノロジー専門学校の介護福祉士実務者研修通信課程の特徴と費用

国際メディカルテクノロジー専門学校は、福島県郡山市にあるスクールで、2013年4月から従来のホームヘルパー1級や介護職員基礎研修が実務者研修に1本化されたことで、介護の現場で実践に活かせるように中身の濃い学習カリキュラムの通信講座が開講されました。

 

介護福祉士実務者研修通信課程は、働きながら介護福祉士の資格取得を目指している方はもちろん、介護に関する知識や技術をしっかりと身につけて、家族の介護に役に立てたい方、自宅の近くにスクールがなくて通学するのが困難な方などに、大変ご好評をいただいています。

 

通信講座では、仕事や家事などのライフワークとの調整を図りながら、介護福祉士を目指すために必要とされる科目について、じっくりと学ぶことができます。通信学習と面接による授業が実施されており、最長で462時間の受講時間となります、受講スタート前には、学校でオリエンテーションが行われています。その後、テキストとレポート課題、答案用紙が郵送され、自宅での学習を進めていきます。

 

学習する過程において、不明な点、疑問や質問があれば、お電話またはメール、FAX、ご来校にて受付しています。提出するレポート課題は、その都度期限内に郵送またはご来校にて提出して、学習の成果をみるために、そして履修認定を受けるために必須です。レポート提出後は、講師による添削指導を受けて、100点満点の60点以上がその履修科目の合格点となります。60点以下の場合は、最課題が送付され、合格点に達した段階で認定されます。実務者研修のスクーリングは8日間で医療的ケアと介護過程について実践で学んでいきます。スクーリングについては、複数の日程から選択することが可能なので、ご都合に合わせて参加することができます。

 

国際メディカルテクノロジー専門学校の介護福祉士実務者研修通信課程を受講していて、国家資格の介護福祉士の資格取得を目指している方を対象に、対策講座や模擬試験が受けられます。受講費用については、同校のウエブサイトをご参照いただくか、無料資料請求でパンフレットをご覧いただくと良いでしょう。資料請求または学校説明会のお問合せ・お申込みは、フリーダイヤル、またはメールフォームにて受付しています。